商品 最大79%OFFクーポン

426円,redbarba.com.mx,ファッション , レディースファッション , 事務服,/forcefully1741405.html 426円,redbarba.com.mx,ファッション , レディースファッション , 事務服,/forcefully1741405.html 426円 ファッション レディースファッション 事務服 商品 商品 426円 ファッション レディースファッション 事務服

426円

【お取り寄せ商品】



Open Art / Shutterstock.com

2022.7.30 Sat

新しい国際システムが必要なのは明らかだが、重要なのは「現実に問題を解決すること」だ。戦争、気候変動、経済および感染症のリスクから世界を守ることに焦点をあてた現実的国際秩序を考案していかなければならない。実際、指導者の多くは、第三次世界大戦の火種となりかねないウクライナでの戦争を止めさせ、新サプライチェーンが形作る「新経済秩序ビジョン」の構築を求めている。エネルギーショックをより低炭素の未来に向けた未来につないでいく機会にし、次の感染症パンデミックに適切に備えることを望んでいる。ここで問われているのは民主主義や独裁主義の価値観ではない。問題を解決するための連帯とプラグマティズムだ。・・・(ゼリコー)

数十年にわたって、ワシントンは複雑で困難な官僚的プロセスを通じて政策化される「大戦略」に依存してきたが、いまやシンプルな「国家戦略」に立ち返る必要がある。これは、世界をきめ細かに理解し、課題を素早く察知して対応する能力、機会に出会ったときにそれを利用する姿勢、そしてこれらすべてを支える機敏な外交政策の立案と遂行のための効果的なシステムを実現するようなアプローチをとらなければならな。アメリカが主導権をとることが難しくなった現在、われわれが直面している問題が必要としているのは難解な大戦略ではない。もっと素朴なもの、つまり、外交上の繊細なスキルが必要とされている。(コーエン)

アメリカやヨーロッパにおけるポピュリズムや非自由主義への誘惑がそう簡単に下火になることはない。かりに欧米の民主主義が政治対立を克服し、非自由主義を打倒して、経済をリバウンドに向かわせても「多様なイデオロギーをもつ多極化した世界」の到来を阻止することはできない。歴史は、このような激動の変化を伴う時代が大きな危険に満ちていることをわれわれに教えている。21世紀の安定を実現するための最良の手段は「19世紀ヨーロッパにおける大国間協調」を世界に広げた、中国、欧州連合(EU)、インド、日本、ロシア、アメリカをメンバーとし、国連の上に位置する「グローバルな大国間協調体制」を立ち上げ、大国の運営委員会を組織することだ。(ハース)

問題を解決できる新国際システムを
―― 新システムの目的をどこに定めるか

2022年8月号 フィリップ・ゼリコー バージニア大学教授(歴史学)

新しい国際システムが必要なのは明らかだが、重要なのは「現実に問題を解決すること」だ。求められているのは、地球上の多くの人が共有する少数の問題に対処できるプラクティカルな国際システムだろう。戦争、気候変動、経済および感染症のリスクから世界を守ることに焦点をあてた現実的国際秩序を考案していかなければならない。実際、指導者の多くは、第三次世界大戦の火種となりかねないウクライナでの戦争を止めさせ、新サプライチェーンが形作る「新経済秩序ビジョン」の構築を求めている。エネルギーショックをより低炭素の未来に向けた未来につないでいく機会にし、次の感染症パンデミックに適切に備えることを望んでいる。ここで問われているのは民主主義や独裁主義の価値観ではない。問題を解決するための連帯とプラグマティズムだ。・・・

CHRISTOPHER E ZIMMER / Shutterstock.com
ポスト・アメリカ世界の基本へ
―― 大戦略から国家戦略へのシフトを

2022年7月号 エリオット・A・コーエン ジョンズ・ホプキンス大学 高等国際問題研究大学院 教授(政治学)

数十年にわたって、ワシントンは複雑で困難な官僚的プロセスを通じて政策化される「大戦略」に依存してきたが、いまやシンプルな「国家戦略」に立ち返る必要がある。これは、世界をきめ細かに理解し、課題を素早く察知して対応する能力、機会に出会ったときにそれを利用する姿勢、そしてこれらすべてを支える機敏な外交政策の立案と遂行のための効果的なシステムを実現するようなアプローチをとらなければならないことを意味する。アメリカが主導権をとることが難しくなった現在、われわれが直面している問題が必要としているのは難解な大戦略ではない。もっと素朴なもの、つまり、外交上の繊細なスキルが必要とされている。

グローバルな大国間協調の組織化を
―― 多極世界を安定させるために

2021年5月号 リチャード・N・ハース  外交問題評議会会長 チャールズ・A・クプチャン  ジョージタウン大学  教授(国際関係学)

アメリカやヨーロッパにおけるポピュリズムや非自由主義への誘惑がそう簡単に下火になることはない。かりに欧米の民主主義が政治対立を克服し、非自由主義を打倒して、経済をリバウンドに向かわせても「多様なイデオロギーをもつ多極化した世界」の到来を阻止することはできない。歴史は、このような激動の変化を伴う時代が大きな危険に満ちていることをわれわれに教えている。だが、第二次世界大戦後に形作られた欧米主導のリベラルな秩序では、もはや世界の安定を支える役目は果たせないことを冷静に認めなければならない。21世紀の安定を実現するための最良の手段は「19世紀ヨーロッパにおける大国間協調」を世界に広げた、中国、欧州連合(EU)、インド、日本、ロシア、アメリカをメンバーとし、国連の上に位置する「グローバルな大国間協調体制」を立ち上げ、大国の運営委員会を組織することだ。

Current Issues

Focal Points アーカイブ

Focal Points

過去のトップページ特集

Focal Points アーカイブ

最新のSubscribers' Only公開論文

論文データベース

本誌最新号紹介

2022年8月号(2022年8月10日発売)

Contents

  • 安倍ビジョンと日本の安全保障
    ナショナリズムと安全保障の間

    ジェニファー・リンド

  • 日独の自主路線と対米協調のバランス
    ポストアメリカの協調モデル

    マーク・レナード

  • 米中にとっての台湾の軍事的価値
    台湾とフィリピン海そして同盟諸国

    ブレンダン・L・グリーン、ケイトリン・タルマッジ

  • 問題を解決できる新国際システムを
    新システムの目的をどこに定めるか

    フィリップ・ゼリコー

  • ウクライナの再建を考える
    人口減、都市・経済インフラの破壊に対処する

    アナ・レイド

  • ウクライナとEU
    ヨーロッパへの第一歩

    マティアス・マタイス

  • 黒海と世界の食糧危機
    ロシアに対する軍事・外交オプションを

    マーク・カンシアン

  • 世界食糧危機をいかに緩和するか
    農業大国アメリカのポテンシャル

    カーライル・フォード・ランゲ、ロビン・S・ジョンソン

他全11本掲載

Page Top